The Style

スカートも好きだけど、やっぱりパンツスタイルは楽ちーん!

だらしなく見えないように、ロンググローブと小さめバッグでキチンと感をプラスしとけば手抜きを誤魔化せると思ってる(笑)

〈Pants〉・・・MEGU NISHINAKA

 

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。 大人の女性の琴線に触れる、心が "waltz"(ワルツ)するような丁寧なものづくりを目指し、2016年より服作りをスタート。 

お問合わせ info@studio-megu.com 
Instagram  megunishinaka

I met a miton made by Latvia

このピンクのジャケットを着てた日にこの手袋に出会い、それぞれのピンクがリンクして心が悶絶したことを、きっとおばあちゃんになっても忘れない。

年齢を重ねる楽しみは、そんなときめきストーリーを増やしていけることでもありますね。

〈Jacket〉・・・MEGU NISHINAKA

 

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。 大人の女性の琴線に触れる、心が "waltz"(ワルツ)するような丁寧なものづくりを目指し、2016年より服作りをスタート。 

お問合わせ info@studio-megu.com 
Instagram  megunishinaka

The free stitching knitwear

ごく普通のカーディガンをニットにリメイク。

ピンクの毛糸でポケットやハートモチーフをハンドステッチしてます。集中して作業しないとデザインがブレるから、イメージが浮かんだ際の思い切りが大切!

〈Skirt〉・・・MEGU NISHINAKA

 

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。 大人の女性の琴線に触れる、心が "waltz"(ワルツ)するような丁寧なものづくりを目指し、2016年より服作りをスタート。 

お問合わせ info@studio-megu.com 
Instagram  megunishinaka

The piece work coart

布地や配色を変えて2018年から作り続けている『ピースワークコート』。万人受けするデザインじゃないけれど、刺さる人がいてくれる限り続けたいと思ってます。

 

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。 大人の女性の琴線に触れる、心が "waltz"(ワルツ)するような丁寧なものづくりを目指し、2016年より服作りをスタート。 

お問合わせ info@studio-megu.com 
Instagram  megunishinaka

Do you play a color?

「銀座でディナー」というスペシャルなお誘いをいただいたので、“おめかし”をして出掛けてきました。

週の始まりから胃腸の調子を整え、天候をチェックし、当日着る服を数点ピックアップしておき、ワクワクしながら当日を迎えました。いままで当たり前だった行為にこんなに心踊るとは!

誰もが感染リスクを抱えている現状の中で、それでも時間を共有するからにはとびっきり愉しい空間にしたいと思い、ポップカラーをテーマにコーディネート。着ていて愉しい服は周囲も明るくすると信じて、これからもワクワクする服を作っていけるよう精進したいと思います。

 

『ニット』『パンツ』・・・MEGU NISHINAKA

 

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。 大人の女性の琴線に触れる、心が "waltz"(ワルツ)するような丁寧なものづくりを目指し、2016年より服作りをスタート。 

お問合わせ info@studio-megu.com 
Instagram  megunishinaka

 

race×frill×tack×ribbon=ROCK!

レース&フリル&タック&リボン、可憐アイテムをもりもりに盛ったら、それはもはやROCKです。

『スカート』・・・MEGU NISHINAKA

 

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。 大人の女性の琴線に触れる、心が "waltz"(ワルツ)するような丁寧なものづくりを目指し、2016年より服作りをスタート。 

お問合わせ info@studio-megu.com 
Instagram  megunishinaka

I had a picnic !!

先日、新宿御苑で紅葉ピクニックをしてきました。

オープンエアなのでウイルス感染に神経を擦り減らすこともなく、色付いた紅葉に囲まれながらゆっくり食事をして至福のひととき。気の置けない友人との“たわいもないお喋り”で頭をクリアにしてもらい、制作意欲のガソリンをチャージ!

 

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。 大人の女性の琴線に触れる、心が "waltz"(ワルツ)するような丁寧なものづくりを目指し、2016年より服作りをスタート。 

お問合わせ info@studio-megu.com 
Instagram  megunishinaka

Bricolage knit

サンセバスチャンケーキのような模様のニットに、お花とビジューを飾って。

『ニット』『スカート』・・・MEGU NISHINAKA

 

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。 大人の女性の琴線に触れる、心が "waltz"(ワルツ)するような丁寧なものづくりを目指し、2016年より服作りをスタート。 

お問合わせ info@studio-megu.com 
Instagram  megunishinaka

Bricolage collection

一点物の力強さを

自分を特別扱いする華々しさを

『ニット』『デニム』・・・MEGU NISHINAKA

 

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。 大人の女性の琴線に触れる、心が "waltz"(ワルツ)するような丁寧なものづくりを目指し、2016年より服作りをスタート。 

お問合わせ info@studio-megu.com 
Instagram  megunishinaka

About Costumes

ご無沙汰しております。

9月で40歳になりました。もう出来ない格好もあるけど、昔は気恥ずかしくて避けていたロックテイストの服を堂々と着られるようになったりして、ますますお洒落が愉しくなってきました。

ファッションがまだまだ盛り上がりを見せていた2000年前後に文化服装学院の学生だった私は、洋服からたくさんのエネルギーを貰っていたことに今になって気付かされます。2020年という年は世界がひっくり返ったと言っても過言ではないくらい色々なものがストップしてしまい、お洒落をして行きたい場所に行き、好きな人達に逢える環境がいかに平和だったかを思い知らされました。

元の状況に戻らないとしても、お洒落をしたくなる世界であって欲しい。特に女性には、着飾ることを止めないで欲しいと願います。

『タイトスカート(着丈68cm)』・・・サイズオーダー商品(限定1着)

〈表地/ジョーゼット〉ウール100%〈裏地〉キュプラ〈装飾/お花〉シルク100%

 

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。 大人の女性の琴線に触れる、心が "waltz"(ワルツ)するような丁寧なものづくりを目指し、2016年より服作りをスタート。 

お問合わせ info@studio-megu.com 
Instagram  megunishinaka