THE SCALLOP JACKET (WHITE WOOL)

2019年秋冬展の新作「スカラップジャケット」を白色で作ってみました。白は汚れが目立つので敬遠されがちですが、格別の上品さがあります。ピュアさと言いますか・・・

白地に刺したシルバービーズの発光が、生地に溶け込んで綺麗です。

見返し部分はオレンジ色をチョイスしました。汚れを出来るだけ目立たなくさせる工夫です。

こちらはブラウン色です。同じシルバーのビーズを刺してますが、生地の色が違うだけでだいぶ印象が変わりますね。

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。 大人の女性の琴線に触れる、心が "waltz"(ワルツ)するような丁寧なものづくりを目指し、2016年より服作りをスタート。 

お問合わせ info@studio-megu.com 
Instagram  eye_studiomegu

LOVE MOVIES

私のアイデアソースはほぼほぼ映画です。次のデザインをおこす直前まで、とにかく映画を観てイメージを膨らませておきます。

昔の海外映画は女優さんの着ているものや所作が本当に美しいので、特によく選びます。ホラー映画は苦手ですが、グレース・ケリーのものですと「スリル」と「エレガンス」が見事に調和していて彼女の美しさが一層引き立ち、まるで絵画のようで感動します。何事も引き算のバランスが大事ですから。

 

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。 大人の女性の琴線に触れる、心が "waltz"(ワルツ)するような丁寧なものづくりを目指し、2016年より服作りをスタート。 

お問合わせ info@studio-megu.com 
Instagram  eye_studiomegu

EMBROIDERY TIME

今日はいちにち刺繍タイム。ミシン作業と違ってゆったりとした時間が流れます。ミシン作業はアイロン使ったり裁断したりと、意外とアクティブなので。

 

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。 大人の女性の琴線に触れる、心が "waltz"(ワルツ)するような丁寧なものづくりを目指し、2016年より服作りをスタート。 

お問合わせ info@studio-megu.com 
Instagram  eye_studiomegu

LATVIAN GLOVES

西荻窪にある「旅する雑貨屋 Hin plus」さんで、ラトビアのミトンを購入しました。配色も柄もパーフェクトで、手仕事の温もりに心奪われます。

お店に伺った際にこのピンクのジャケット(まだ試作段階)を着ていて、他にもたくさん種類があったのですがもうこの子しかいないよねって感じで即決。今年の冬は手袋から服をコーディネートすることになりそうです。

 

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。 大人の女性の琴線に触れる、心が "waltz"(ワルツ)するような丁寧なものづくりを目指し、2016年より服作りをスタート。 

お問合わせ info@studio-megu.com 
Instagram  eye_studiomegu

THE DEFORMATION TIGHT SKIRT

以前タイトスカートで作ったデザインを、前膝部分にタックを入れた″変形タイトスカート″でも作ってみました。最近このかたちにハマってまして・・・

こちらがタイトスカート。シルエットが変わるだけで、だいぶ印象が違いますね。

 

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。 大人の女性の琴線に触れる、心が "waltz"(ワルツ)するような丁寧なものづくりを目指し、2016年より服作りをスタート。 

お問合わせ info@studio-megu.com 
Instagram  eye_studiomegu

THE STYLE

だんだんと気温が下がり、ファーやウールの服が着られる季節になりました。

ミントブルーのスカートに合わせたのはイエローのタイツ。秋冬のお洒落はいろいろ盛り込めるので一層楽しいです❤

スカート・・・MEGU NISHINAKA / その他私物

 

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。 大人の女性の琴線に触れる、心が "waltz"(ワルツ)するような丁寧なものづくりを目指し、2016年より服作りをスタート。 

お問合わせ info@studio-megu.com 
Instagram  eye_studiomegu

THE DEFORMATION TIGHT SKIRT

前膝部分にタックを入れた立体シルエットのタイトスカートを、ミントブルーのアンゴラウールで作ってみました。

こちらは生地違い。

後ろプリーツ部分にサイズ違いの千鳥格子をはめ込んでます。

 

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。 大人の女性の琴線に触れる、心が "waltz"(ワルツ)するような丁寧なものづくりを目指し、2016年より服作りをスタート。 

お問合わせ info@studio-megu.com 
Instagram  eye_studiomegu

ALREADY AUTUMN in JAPAN

すっかり秋の気配ですね。日本の夏は暑すぎてお洒落どころじゃなかった方も、やっとファッションを楽しめる季節が到来しました!まだ街には半袖の人もチラホラいる中、私はすでに薄手のニットとウールスカート、ロングブーツ着用で外出しています。気温はまだまだ高いですが、だってもう10月ですもの。

みなさまも秋のお洒落を存分にお楽しみください。

 

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。 大人の女性の琴線に触れる、心が "waltz"(ワルツ)するような丁寧なものづくりを目指し、2016年より服作りをスタート。 

お問合わせ info@studio-megu.com 
Instagram  eye_studiomegu

CHANGE THE LINING for CUSTOMER

お客様のコートの裏地をお直ししました。もとは白のシルク地だったのですが、ご本人のイメージがパープルだったので勝手に選ばせていただいてこの色に。裏地を変えただけで新鮮に見えます。

分かり難いですが、表地はスモーキーピンクで裏地はライラックパープル。裏地のお洒落は自分にしか見えないものですが、気分を盛り上げてくれる大事な要素だと気付かせていただきました。

 

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。 大人の女性の琴線に触れる、心が "waltz"(ワルツ)するような丁寧なものづくりを目指し、2016年より服作りをスタート。 

お問合わせ info@studio-megu.com 
Instagram  eye_studiomegu

THE SCALLOP JACKET

スカラップとまあるいポケットがポイントのウールジャケット。縁に縫い付けたシルバービーズに合わせて、裏地もシルバーにしています。見返しはなんとパッションピンク!!

スナップを外して、ちょっと襟を抜いて着るのも可愛いくておすすめです♪

後ろにかけて着丈が長くなるAラインシルエットで、袖にたっぷりと入ったタックが腕周りの動作を楽にしてくれます。

 

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。 大人の女性の琴線に触れる、心が "waltz"(ワルツ)するような丁寧なものづくりを目指し、2016年より服作りをスタート。 

お問合わせ info@studio-megu.com 
Instagram  eye_studiomegu