SPECIAL THANKS!

『MEGU NISHINAKA ” WALTZ ”  Autumn & Winter Collection 2018』 を無事終了することが出来ました。お忙しい中足をお運びくださいました皆さまに改めて感謝申し上げます。初日は大雨にもかかわらずたくさんのお客様にご来場いただき、とても華やかな会場となりました。次回は2019年3月頃を予定しています。皆さまのお顔を拝見できますことを楽しみに、また製作に励みます。

展示期間中の定番ごほうび 『アテスウェイ』 のケーキ。今回は王道のチョコレートケーキとモンブランを。よくばって2つです。

 

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。「大人の女性へ向けた心が躍る上質な服」をテーマに、作品展でのみ商品を販売しています。 

お問合わせ info@studio-megu.com

THE NEWS !!

もうすぐ秋冬展を開催いたします。

今回のテーマは 「 piece work 」 。大量生産の洋服とは違う、ちいさな手仕事が感じ取れるアイテムを製作しました。当初のデザインイメージと縫製方法が合わず直前で変更になったりとバタバタの準備期間でしたが、なんとか無事みなさまにお披露目出来そうでホッとしています。

お時間ございましたら是非足をお運びください。

 

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。「大人の女性へ向けた心が躍る上質な服」をテーマに、作品展でのみ商品を販売しています。 

お問合わせ info@studio-megu.com

LOVE PINK!

見ているだけで気分があがるピンクの魅力。ずっと虜です。ですがどうしても気恥ずかしさが勝ってしまいスパイシーに仕上げがちです。オールブラックにピンクのスカーフとか、ピンクのワンピースだったら足元はゴツめのドクターマーチンをもってくるとか。

次回の秋冬展 2018年10月5日(金)~10月7日(日) では効果的にポップカラーを取り入れたアイテムを発表します。秋冬はみんなが暗い色を纏がちなので、女性にはぜひ綺麗な色を着て欲しいです。

 

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。「大人の女性へ向けた心が躍る上質な服」をテーマに、作品展でのみ商品を販売しています。

お問合わせ info@studio-megu.com

THE NEXT EXHIBITION

暑い暑いと陽射しから非難しているうちに夏は過ぎ去り、気付いたらもう9月ですね。

次回の作品展 2018年10月5日(金)~10月7日(日) のテーマは『piece work』。ちいさなパーツを繋げたり縫い付けたり・・・いろいろです。新作が完成次第、こちらにアップしていきますのでお楽しみに。

 

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。「大人の女性へ向けた心が躍る上質な服」をテーマに、作品展でのみ商品を販売しています。 

お問合わせ info@studio-megu.com

ABOUT JAPANESE STYLE

先日、呉服屋さんのイベントでオリジナルの草履を作っていただきました。鼻緒は山羊革にマーブル染色を施したポップなものをチョイス。完成品を見た途端、ストライプ柄の足袋を合わせたい!と思いました。和装は半衿・帯締め・帯留めなどの小物がたくさんあるので、柄合わせ色合わせで無限に遊べるのも魅力的。

カーブを組み立てていく洋服と違い、直線で構成されている着物は形の制約がある分、テキスタイルに華やかさを求めて染織文化や合わせの遊びが発展したのだと思います。ほとんど無駄の出ない着物の構造の合理性は感動レベルです。

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。「大人の女性へ向けた心が躍る上質な服」をテーマに、作品展でのみ商品を販売しています。

お問合わせ info@studio-megu.com

Rene Gruau

C・ディオールなどの広告を描いていた画家のグリュオ。20歳で訪れた初めてのパリで、フラッと入った書店で見つけたお気に入りの画集です。彼の「斜めから見たエレガンス」がとても粋で、今でも時々引っ張り出して眺めています。

 

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。「大人の女性へ向けた心が躍る上質な服」をテーマに、作品展でのみ商品を販売しています。

お問合わせ info@studio-megu.com

MY RELAXATION TIME

最近、アイデアに息詰まるといそいそと始めるのが「ペップ巻き巻き」。コサージュの花芯に使われるペップを一本一本紙テープで巻いていくという単純作業が、無心になれて気に入っています。

増えていく束を見て何に仕上げるか模索中。どうやら私は、ひたすら手を動かすことが好きみたい・・・

 

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。「大人の女性へ向けた心が躍る上質な服」をテーマに、作品展でのみ商品を販売しています。 

お問合わせ info@studio-megu.com

ORDER ITEM(THE KIMONO SLEEVE COAT)

生成の麻素材に、裏地のレモンイエローがまぶしいこちらのコートも、5月に開催されたセミオーダー会でご注文を承りました。

こちらがお客様オーダーの商品です。生成の麻素材と裏地のレモンイエローはそのままで、袖口のみレース刺繍が施されたペールグレーの布地に変更。淡いワントーンカラーが、透明感のある肌をお持ちのご本人にとてもお似合いです。

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。「大人の女性へ向けた心が躍る上質な服」をテーマに、作品展でのみ商品を販売しています。 

お問合わせ info@studio-megu.com

ORDER ITEM(THE SMOCK BLOUSE)

5月18日・19日に開催した「セミオーダー会」のご注文商品が続々と完成しております。写真上のスモックブラウスは他にホワイト、ペールピンク、ペールパープル、レッド、ネイビー、ブラックでのお仕立てを承ってました。

こちらはお客様のご注文商品『ホワイト × ペールピンクのバイカラー仕立て』です。お顔まわりの涼やかさに対し、裾とリボンをピンクに切り替えて甘さをプラス。バランスが絶妙でとっても可愛いです。

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。「大人の女性へ向けた心が躍る上質な服」をテーマに、作品展でのみ商品を販売しています。 

お問合わせ info@studio-megu.com

THE HAND-PAINT HAT

1年前に形は決まっていたのですが、デザインのアイデアが浮かばず保留状態だった帽子をようやく商品化することにしました。

シルエットやイメージが何となく浮かんでいても型出しや着心地、扱い易さに納得出来なかったりすると、販売までに1,2年経過することはよくあります。女の私が女性のための服を作っているので、まずは自分で試して確かめてみることを大切にしたいと思っています。

“Back”

通常はリボンを巻く部分に太めに入れたハンドペイント。ピリっとした印象にしてくれます。

“Front”

しっかりした麻100%で、つばのラインも自由自在。ご希望の方は下記メールにてお問合わせください。

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。「大人の女性へ向けた心が躍る上質な服」をテーマに、作品展でのみ商品を販売しています。 

お問合わせ info@studio-megu.com