THE VINTAGE MATERIALS

インスピレーションの源はたくさんありますが、製作意欲がもっとも刺激されるのはヴィンテージの材料を眺めている時間です。今にも壊れそうな繊細さで実際には使えなかったりするんですが、そこにはコックリとした豊饒な時間が刻まれている気がして引っ張り出してはうっとりしています。

来月から秋冬展に向けての型出しをスタートします。なにかヒントが見つかれば良いのですが・・・

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。「大人の女性へ向けた心が躍る上質な服」をテーマに、作品展でのみ商品を販売しています。 

お問合わせ info@studio-megu.com

THE VINTAGE NEGLIGEE

『奥様は魔女』のサマンサとその母親エンドラの衣装がお洒落で好きでした。特にサマンサのネグリジェ姿に憧れていて、古着屋さんで見つけては眺めていたんですが、ついに我慢できなくなり手に入れちゃいました!いっきに3着も!

フリフリで透け感のあるパステルカラーを纏えるのは女性の特権ですよね。見ているだけで気分が上がります。冷え症なのでサマンサみたいにセクシーに着こなせませんが、中にTシャツなどを合わせ部屋着として活用するつもりです。

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。「大人の女性へ向けた心が躍る上質な服」をテーマに、作品展でのみ商品を販売しています。 

お問合わせ info@studio-megu.com

THE VINTAGE ITEM

パリに旅行した際、蚤の市を歩いていて見つけたスカーフです。

ちょうちょ、てんとう虫、コオロギをお花模様と組み合わせるとたちまち「可愛い」に変身。これは女性独特の感覚ではないでしょうか。

相反するものを掛け合わせて生まれる「可愛い」は、私が服を作る上で一番大切にしているテーマです。

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。「大人の女性へ向けた心が躍る上質な服」をテーマに、作品展でのみ商品を販売しています。 

お問合わせ info@studio-megu.com

THE VINTAGE ITEM

昔の洋服は手の込んだものが多くデザインの参考にもなるので、ちょくちょく古着屋さんをのぞいています。そんな中、ディテールがいちいち可愛いドイツ製のニットジャケットを見つけました。

雲モチーフのポケット!しかも中までレッドにしてる!!

ボリューミーなパフスリーブと、背中にはチロリアン刺繍。

首周りも抜かりなく可愛い。

合わせたのはこのタイトスカート。サイドのリボンが歩くたびに揺れます。

こちらは5月のオーダー会でご注文をお受けします。

 

MEGU NISHINAKA "waltz" 
文化服装学院卒業。「大人の女性へ向けた心が躍る上質な服」をテーマに、作品展でのみ商品を販売しています。 

お問合わせ info@studio-megu.com